Home‎ > ‎

Google Appsで何が変わる?


 Google Appsを使うと何が変わるのか?
 

その答えは、利用者の視点で言うと、以下のようなことができるようになります。
  ・自分のスケジュールややるべき作業の管理ができるようになる。
  ・いつでも、どこでも、どの端末からでも、ほしい情報(権限のある)にアクセスできるようになる。
  ・既にある情報を元に修正・加工し、それを管理することができる。
  ・多くの情報やデータを整理・管理して、即座に探すことができる。
  ・離れた場所とのメンバーとのコミュニケーションが取れるようになる。


上記のようなことができるようになると、自分の仕事が楽になります。楽になるということは、今までより多くの作業が高品質でできるということになり、会社(オフィス)全体で見ると生産性が飛躍的に向上(=顧客満足度の向上)することになります。
但し、そのためには利用者が使って楽になるための工夫が必要です。
押し付けのものでは、いづれ使われなくなり、形だけのものになり費用だけがかかってしまいます。

「自分達の手で、業務にあった情報共有の環境を作成し、運用しながらそれを改良し、育てることができる」

このことこそ、Google Appsのいいところであり、他のクラウドサービスにはない最大のメリットと言えます。
まさに、無限大の可能性を秘めた『魔法の道具』なのです。