Google Appsに関するよくある質問

  1. お申し込みから運用開始までどれくらいかかりますか?

  2. Google Apps for Businessの実際の動作を見れますか?

  3. 管理者アカウント画面が見れますか?

  4. ユーザーが1人でも Google Apps for Businessの導入はできますか?

  5. 共有アカウント分も購入する必要がありますか?

  6. メールデータを外部に保管することに不安があるのですが?

  7. Google Apps(無償版)とGoogle Apps for Businessの違いは何ですか?

  8. Gmailに送信メール数に制限はありますか?

  9. Gmailに1通あたりのサイズ制限はありますか?

  10. Google AppsはOutlookなどのメーラーと併用して使用できますか?

  11. Google Appsの各サービスで利用できる容量はどれくらいですか?

  12. Google AppsとGoogle App Engineの違いは何ですか?


1.お申し込みから運用開始までどれくらいの期間がかかりますか?

 お客様環境やユーザーアカウント数にもよりますが、入金確認後 3日〜 2週間程度となります。

先頭に戻る

2.Google Apps for Businessの実際の画面を見れますか?

 デモサイトをご用意していますので、こちらからお問い合わせください。また、Google Apps for Businessの申し込みで30日間の無料試用も可能です。

先頭に戻る

3.管理者アカウント画面が見れますか?

 弊社でご用意しておりますデモサイトは一般ユーザーアカウント用となりますが、ご希望の場合は管理者アカウントのデモサイト用の ID とパスワードを発行します。こちらからお問い合わせください。

先頭に戻る

4.ユーザーが1人でも Google Apps for Businessの導入はできますか?

 はい、1人でも導入は可能です。

先頭に戻る

5.共有アカウント分も購入する必要がありますか?

共有のメールアカウント(アドレス)は、ユーザーアカウントとして購入する必要はございません。
グループとしてメールアドレスを登録することで対応が可能です。

先頭に戻る

6.メールデータを外部に保管することに不安があるのですが?

Google は世界最高レベルのセキュリティを備えており、Google AppsやGoogle App Engine のアプリケーション内で作成もしくはアップロードされたデータや Gmail のメールデータについて、Google の従業員や第三者がアクセスすることはありません。 また厳格なデータ保護ポリシーにより、Google の従業員が不必要にデータへアクセスする事がないよう明確なルー ルを設けています。

セキュリティ事故の8割以上が内部の人間による漏洩というデータ を考えれば、内部のサーバーや各ユーザーのPCで管理するより、 銀行と同じでセキュリティが万全なGoogleクラウドサービス で管理した方が、より安全であるということが言えます。

詳細は、Googleのセキュリティに関するホワイトペーパーをご参照ください。

先頭に戻る

7.Google Apps(無償版)とGoogle Apps for Businessの違いは何ですか?

Google Apps(無償版)は、稼働率99.9が保証されない、強力なスパム対応機能が利用できない、ユーザーあたりのメール容量が7GBである、管理者によるメール転送機能・Cookieのリセット機能・高度なパスワード設定機能がない、すべてのAPIしが利用できない等の制限があります。 安定性、セキュリティ強化、システムの拡張性の観点からビジネスユースでは、Google Apps for Businessをお勧めします。 詳細はGoogle社のサイトをご参照ください。 

先頭に戻る

8.Gmaillに送信メール数に制限はありますか?

 1日あたりのドメイン以外への送信メール数は2,000通/アカウントです。これは Gmailメールシステムの不正利やと迷惑メールを防止するためです。送信メール数が制限に達した場合は、一時的にメールを送信できなくなります。(24時間経過で送信可) また、1通のメールで一度に送信可能なあて先は500までとなっています。

先頭に戻る

9.Gmailに1通あたりのサイズ制限はありますか?

送受信可能なメールサイズは本文を含めて25MBです。

先頭に戻る

10.Google AppsはOutlookなどのメーラーと併用して使用できますか?

Google App は、POP3やIMAPで Outlook やその他のメーラーと併用して利用できます。会社ではOutlookで、自宅や出張先ではGmailといった使い方も可能です。

先頭に戻る

11.Google Appsの各サービスで利用できる容量はどれくらいですか?

各Googleサービスの容量制限は以下の通りとなります。

Googleサービス名容量制限
Gmail Google Apps for Business(有料) 25GB/1アカウントあたり
Google Apps(無料) 7GB/1アカウントあたり
Google Apps for Education(無料) 7GB/1アカウントあたり
※Gmailのディスク容量追加はできません。
Googleドキュメント Googleドキュメント形式に変換した場合は、ドキュメント数によって制限が設けられており容量制限はありません。
文書とプレゼンテーションは合わせて 5,000 個まで、画像は 5,000 個まで格納可能です。
Googleドキュメントのスプレッドシート、プレゼンテーション、文書のサイズ制限の詳細はこちらを参照ください。
Googleドキュメントで、Googleドキュメント形式に変換せずにアップロード可能なファイル容量は以下の通りです。
1GB/1アカウントあたり。(1ファイルの最大容量は250 MB)

追加容量は、20GB 70ドル/年~  追加容量の詳細はこちらを参照ください。

Googleサイト

10GB/1ドメイン

Google Apps for Business と Google Apps for Education を使用しているドメインではさらに、ドメインのユーザーあたり 500 MB の追加保存容量が提供されます。

Googleビデオ 3GB/1ユーザーあたり
先頭に戻る

12.Google AppsとGoogle App Engineの違いは何ですか?

Google Appsは、Gmail、Google カレンダー、Googleドキュメント、Googleサイト、Googleトーク等で構成するパッケージ製品で、オンラインで利用するSaaS型のアプリケーションに対して、Google App Engineは、開発者が自作したWebアプリケーションを、Googleと同じインフラ上で動かすことができるプラットフォーム(PaaS)であり、データが保存される領域も異なります。
のデータはBigTableにというデータストアに格納されます。今後、SQLデータベースもサポートされる予定です。

Google App Engineにおける開発言語は、PythonとJavaです。

先頭に戻る

Copyright (C) mksite Inc. All rights reserved.